A-B-C-D-E- F-G-H-I-J- K-L-M-N-O- P-Q-R-S-T- U-V-W-X-Y- Z

略語QFN
英語Quad Flat No Lead Package
日本語クワッドフラットノーリードパッケージ
意味パッケージの一種であり,本体の4辺にN(突出する端子のない形状)端子が配置される.(社)電子情報技術産業協会(JEITA)で規格が決められている.

QFNの特徴は,JEITA規格(ED-7303C)”集積回路パッケージの名称及びコード”で次のように記述されている.
”端子が各辺に1列のみであり,パッケージの4側面及び底面,又は底面のみに存在するパッケージ.”

P-QFNの定義は,JEITA規格(ED-7311-22)”集積回路パッケージ個別規格(P-QFN)”で次のように記述されている.
”EIAJ ED-7300の第6項半導体パッケージの形状分類で,フォームA[注:直方体]のN端子[注:突出する端子のない形状]と分類され,プリント配線板の表面に実装できるようにパッケージ本体の下面に形成された端子が4方向に配置され,かつ端子が平坦となっているパッケージ(表面/裏面の金属露出部については規定しない).”

フォームAは,JEITA規格(ED-7300A)”集積回路パッケージ外形規格作成に関する基本事項”で次のように記述されている.
”6.1 フォームA (直方体:Rectangular solid)
本体形状が直方体のパッケージで,パッケージ本体の4辺から取付面に平行に端子が突出している形体.2次分類は端子形状によって行う.
例 L端子:QFP,J端子:QFJ,I端子:QFI,N端子:QFN,F端子:QFF”

P-QFNのPはプラスチックを意味し,P-QFNはパッケージ本体材料がプラスチックであるQFNを示す.

詳しくは上記JEITA規格ならびに下記JEITA技術レポートを参照されたい.
・JEITA技術レポート(EDR-7324A)”集積回路パッケージデザインガイドプラスチッククワッドフラットノンリードパッケージ(P-QFN)”
・JEITA技術レポート(EDR-7325)”集積回路パッケージデザインガイドクワッドフラットノンリードパッケージ(QFN)”

N端子が2方向に配置されたパッケージはSON(Small Outpline No Lead Package)と呼ばれる.

関連語:PKG,JEITA,P-QFN
関連リンクhttp://www.jeita.or.jp/
Qの一覧に戻る
※本文中の社名および商品名は、各社の商標および登録商標です。
A-B-C-D-E- F-G-H-I-J- K-L-M-N-O- P-Q-R-S-T- U-V-W-X-Y- Z
会社概要-ACCESS-ご意見・ご要望
(C) Copyrights 2007, Silicon Test Technologies INC.